生態学とは/環境の大学 >生態学>生態学とは

生態学とは


生態学は、生物の生活やその生態、生物同士の関係の分野です。最近、よく耳にするようになってきている生態系といった考え方も含まれます。ここでは、まず各生物に注目することからはじめていきます。それから、二種類の生物の関係を勉強して、実際の環境はどのようなものなのかを勉強していきます。

生態学といえば、環境問題と関連して絶滅危惧種の問題があります。絶滅危惧種とは、環境の変化や他の生物との関係から、絶滅の危機に瀕している生物のことをいいます。環境の変化は、有名な地球温暖化もあれば、水環境では水質悪化(富栄養化による水質汚濁)もあります。

温暖化では、動くことのできない植物の今後が危ぶまれてますし、水質悪化では今も生物がほとんど生息していない環境があります。他の生物との関係では、外来種の問題なんかがあります。

外来種問題の基本的な考え方は中盤あたりで出てきますし、環境の悪化は後半で出てきます。一種類の生物、二種類の生物、多くの生物というように応用していくので、順に勉強していきましょう。


[ページの上へ] [環境の大学〜環境を学ぶ〜]