海岸工学とは/環境の大学 >海岸工学>海岸工学とは

海岸工学とは


海岸工学は、海岸付近の現象や施設に関する分野です。実際には、波に関する勉強から始まり、海岸構造物の構造設計、海岸施設に関する勉強という順に進んでいくこと思います。

この海岸工学をなぜ環境として勉強するかというと、海岸は海の生き物にとって重要な場所であるからです。海岸付近は水深が浅く、底まで光が届きます。光が届く場所には生物が繁殖しやすいので、藻類が繁茂します。藻類が生息していれば、海中の動物の産卵場となったり隠れ場などになります。

海中で、このような環境を創造できるのは海岸付近しかありません。海の大部分を占める深海では無理なんです。だから、環境、特に生態系を考えるときに海岸工学が重要になります。しかし、近年では人工海岸が増え、鉛直護岸で多くが埋められています。

今後の海岸のあり方を考える上でも、重要な分野になるのでしっかりと勉強していきましょう。


[ページの上へ] [環境の大学〜環境を学ぶ〜]